体験ワークショップ 「デッサンを通して学ぶ、観察・分析・表現」

今回のワークショップでは、写真家として活動する一方で、美術予備校でデッサンの講師でもある滝口浩史さんの指導により、デッサンの基礎的なプロセスを体験し、その根底にある考えを学びます。観察し、分析し、構成するというデッサンのプロセスは、どのような表現・伝達手段のベースにあるものです。また、写真術の原点であるカメラオブスクラが、デッサンをする補助手段として発明され、画家によって活用されてきたということをかんがみると、デッサンは写真を撮る人にとって、カメラの原理を知り、写真に対する理解を深めるための必須の技術でもあるのです。 
鉛筆、消しゴム、画用紙というシンプルな道具立てで、眼と手を使って注意深く観察しながら描くという体験を通して、参加される方のさまざまな見方、描き方を知り、共有する機会になれば、と思います。いわゆる画力の巧拙を競ったり、その技術のレベルアップをめざしたりする講座ではありません。お試し的な体験ワークショップですので、お気軽にご参加下さい。

講師/ワークショップ指導 滝口浩史 (たきぐち こうじ) 

1977年静岡生まれ 写真家 2004年にキヤノン写真新世紀準グランプリ受賞。東京芸術大学デザイン科在学中から、新宿美術学院、大塚テキスタイル専門学校デッサンを指導し、現在両校の講師。2008年にニコンJuna21にて個展「窓-SOU」、2010年ビジュアルアーツ・ギャラリー東京にて個展「PEEP」を開催。

 

http://kojitaki.com/

進行役 小林美香  

http://www.mikakobayashi.com/

  • 開催日時 2010年6月18日 金曜日 19:00-21:00

  • 開催場所  NADAR/SHIBUYA355 150-0002 東京都渋谷区渋谷3-5-5. HAKKAビル2F  http://nadar.jp/tokyo/

  • 定員 15名 

  • 参加費 2500円 (材料費/飲物代込み) 

こちらでご提供する材料 デッサン用の画用紙、鉛筆、練り消しゴム、クリップ付きのボード

お問い合せ/申込先 mika@marebito-school.com

希望人数とお名前をお知らせ下さい。デッサン用の鉛筆を削るためにカッターナイフが必要ですので、お持ちのものをご持参下さい。このワークショップは定員に達しましたので、申し込み受付を終了しました。(6/13)

2 Responses to “体験ワークショップ 「デッサンを通して学ぶ、観察・分析・表現」”

  1. 富岡主税 より:

    昔、興味を持っていたデッサンに、10年ぶりくらいに興味を持ち始めました。
    是非、参加してみたいと思います。宜しくお願いいたします。

  2. mika より:

    >富岡様
    コメントありがとうございます。返事が遅れて申し訳ありません。お申し込み承りました。当日お目にかかるのを楽しみにしております。

    小林

Leave a Reply