マレビトスクールについて


マレビトとは、広い意味でのアート、文化、教育活動などに関わっていて、「稀(ユニーク)」な技を持つ人のこと。写真にかかわる仕事をしている人たちが集まって、2009年の秋からマレビトスクールとしての活動を始めました。マレビトスクールは、独自の技を持って活動する人たちが、それぞれのスタンスを保ちながら、技や知識を共有し、伝えていくことのできるような、ゆるやかで開かれたネットワークを作っていくことをめざしています。

マレビトスクールのロゴは、頭に小鳥をのせた飄々とした人の顔のかたち。いろいろな人が気軽に集まって、アイデアを交換したり、新しいことを試みたり、仲間を作っていけたらといいな、という想いが込められています。

 

    レビトスクールはこんなことをします!

    企画します!

    写真やアートに関連するレクチャーやワークショップを企画します。子どもが参加できるワークショップから、専門的な話も聴けるレクチャーまで。モットーは「内容は濃く、間口は広く、敷居は低く」です。

    提携します!

    大学や専門学校などの教育機関、美術館や企業への出張講義、ワークショップの企画・実施など、内容、構成、条件なども、ご要望にお応えするかたちでご提案します。

    相談にのります!

    マレビトスクールのメンバーは、写真にかかわるさまざまな仕事を手がけるプロフェッショナル揃い。多彩な技術とネットワークを活かしたアドバイスの提供やコンサルティングにも対応します。

    楽しみます!

    スクールであるからには、休憩時間と放課後が必須!というわけで交流パーティや、ツアーなどの企画も予定しています。

活動に関するお問い合せ、ご質問などは下記までおよせ下さい。

 mika@marebito-school.com (代表 小林美香)

twitter ID: marebitoschool

事務局 150-0002 東京都渋谷区渋谷3-5-5 HAKKAビル2F  NADAR/SHIBUYA355内